カフェで働く前に技術を習得|専門学校でコーヒーの資格を取ろう

最新記事一覧

最高の一杯を提供する仕事

メンズ

経営に役立てるために

コーヒー好きが多い我が国では、味や香りに一家言を持つ人が少なくないと言われています。そんなコーヒー好きが転じて、カフェ経営や豆の焙煎や販売を行う仕事を始める人が増えてきました。このようなコーヒーのプロになるには、独自で勉強したり研究することでも可能です。しかし、きちんとした裏付けがなくては経営への自信に繋がらなかったり、実際に購入者も不安になってしまいます。そこでおすすめなのが、コーヒーの資格の取得です。カフェ経営や豆の販売においてこのような資格は必要ないとされますが、資格を取得するためにコーヒーに関する正しい知識やスキルを学べることから、経営に大きなプラスとなり得ます。さらに資格取得すれば、購入者に対して信用度が高まるというメリットもあるのです。コーヒーに関する資格はいくつかありますが、代表的なのがコーヒーインストラクターとバリスタライセンスです。コーヒーインストラクターは、豆に関する知識と鑑定技術を深く学んだ証となるもので1級と2級がありますが、2級を合格した人のみ1級を受験できます。主に豆の販売に携わる人のための資格ですが、上級の1級に合格すると製造業者と同様の信用度が得られることから人気となっています。バリスタライセンスは、エスプレッソやカプチーノ等を提供する職人のための資格です。昨今カフェ経営がブームなことから、この資格の人気も高くなっています。なおバリスタライセンスは、日本バリスタ協会(JBA)が開講しているカリキュラムを修了するか、もしくはコーヒー関連企業でエスプレッソを抽出した経験を有することが受験する条件となっているため注意が必要です。