カフェで働く前に技術を習得|専門学校でコーヒーの資格を取ろう

最新記事一覧

専門学校で取れるもの

バリスタ

大好きなことを学ぶ

カフェや専門店などコーヒーを提供してくれるお店は数多くあります。コーヒーは洋の東西を問わず愛好されている飲料であり、奥深い飲み物です。大好きなコーヒーについて知識を深めて仕事にしたい方もおられるでしょう。日本国内ではコーヒーに関する公的な資格はありませんが、民間資格が存在しています。試験を受けてソムリエになることで、一段深い知識を身につけられるのです。コーヒーを入れる技術や歴史に精通しているバリスタになるには、専門学校に入学しましょう。カフェやバリスタに関する学科を設置している専門学校は国内に複数あります。こうした学科の中には資格取得をカリキュラムとして取り入れている場所もあるため、一定の水準を目指して学習することができます。専門学校では資格取得に向けてまずコーヒーの抽出方法を学習します。美味しいコーヒーを淹れるためにはマシンを取り扱う必要がありますし、作業の手順にも気を配ります。バリスタとして働くようになればマシンのメンテナンスも仕事として行うことになりますから、身につけておきたい知識です。またこうした職業は接客業でもありますので、お客さんにどのように対応すれば良いのかも勉強します。バリスタの接客態度がコーヒーの印象も左右しますから、重要な要素なのです。専門学校に入学すればプロが使用している環境でコーヒーの淹れ方を学習できますので、実技の技術を上げられます。資格を取得して卒業後にすぐさま働けるようになります。