カフェで働く前に技術を習得|専門学校でコーヒーの資格を取ろう

専門知識を身につける

店内

民間の団体が認定するコーヒーの資格はコーヒーコーディネーター、コーヒーマイスター、Qグレーダーなどがあり、より専門的な知識を必要とするものから趣味の範囲のものまで様々です。約3万円から5万円程度で取得できるものが多いようですが、実技試験のあるものだと約10万円前後の費用が必要となります。

詳しく見る

RECOMMEND POST

最新記事一覧

資料請求をしよう

コーヒー

コーヒー好きが高じて知識をもっと身につけたいという人は、コーヒーに関する資格を取得してみましょう。そのためには、専門的な学校に通ったり、通信講座で学んだりすることをお勧めします。まずは資料請求をしてみましょう。

詳しく見る

最高の一杯を提供する仕事

メンズ

カフェ経営やコーヒー豆の販売を成功させるためには資格の取得は有効です。豆の販売に人気なのがコーヒーインストラクターの資格です。1級と2級があり上位の1級を取得すると製造業者同様の信用度が得られます。カフェ経営ではバリスタライセンスが人気です。ただしこの資格の受験には条件があるため注意が必要です。

詳しく見る

専門学校で取れるもの

バリスタ

コーヒーに関する民間資格を取得したい方はバリスタについて学べる専門学校に入学しましょう。美味しいコーヒーを淹れるにはマシンの取り扱いを学ぶ必要がありますが、専門学校にはプロが使う環境が整っています。資格を取得して卒業後にすぐさま働けるようになります。

詳しく見る

無理なく学べるようにする

コーヒー

コーヒーに関する資格を取得する場合、専門学校に通うことが一般的です。しかし、働いている人は通う時間が取りにくいことから、通信講座を選択してみるのもいいでしょう。資格を取得したら、それを活かして喫茶店経営をすることも可能です。

詳しく見る

カフェで働く為の技術

ウーマン

専門家としての証明

人気の高いカフェで働くためにはコーヒーの専門的な技術が要求されてきています。これは拘りの原材料を使い、高い技術を持ってコーヒーを煎れることが必要な為です。それゆえに、多くのスタッフがカフェで経験をつみ、尚且つ専門資格を取得して技術を習得しているのです。やはり、全く知識の無い方が一から基礎を学習し専門資格を取得することは困難になるため、専門学校などの教育機関が活用されています。コーヒーの専門的ライセンスの取得ではドリンクをつくる技術だけではなく、コーヒーやそのほかの材料についての細かな知識が必要です。また、顧客の要望に応じてカスタマイズされたドリンクをつくることが必要になるため、カフェでコーヒーの煎れ方について応用的な技能を身につけることも大切です。この専門資格にはいくつかのレベルがあり、経験や技術力に応じて高いステップへ移行することができるものです。これは民間の資格となりますが、認定されている教育機関で一定のカリキュラムを修了することが必要になるので、業界では信頼性が高いものとされているのです。それゆえに、コーヒーの専門資格を取得する場合、認定校であることと各スクールのカリキュラムの詳細を検証して学ぶ場所を選択することが重要になります。資格の取得のためには技術力も大切な要素で、カフェでの研修が技術力を養う場所となります。専門学校の多くは十分な研修期間を設定して無理なく実践的な技能を高められるようにカリキュラムを設定しているので、資格の取得に大きく貢献するものです。